Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:  
日本近世近代史研究 山本 英貴
選択  2単位
【日本史・文化財学専攻】 18-1-1340-3361-012

1. 授業の概要(ねらい)

 受講生それぞれが修士論文を作成するための力を身に付けることを目的とする。授業では、受講生それぞれの研究テーマに関係する論文、および修士論文で使用予定の史料の講読を行っていく。

2.
授業の到達目標

 修士論文の作成にあたり、受講生それぞれが自身の研究で使用する史料、および自身の研究に関連する先行研究への理解を深める。

3.
成績評価の方法および基準

 受講生それぞれの報告と、報告に対する質疑・応答などを加味して総合的に判断する。

4.
教科書・参考書

 テキストは特に使用しません。

5.
準備学修の内容

 報告者は復習、それ以外の学生は予習した上、授業に臨むこと。

6.
その他履修上の注意事項

 戦国期~明治期にかけての歴史について関心のある学生の受講を希望する。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 授業の進め方についてのガイダンス、報告者の選定
【第2回】
 受講生の卒論報告①
【第3回】
 受講生の卒論報告②
【第4回】
 受講生の卒論報告③
【第5回】
 受講生の研究に関わる論文講読①
【第6回】
 受講生の研究に関わる論文講読②
【第7回】
 受講生の研究に関わる論文講読③
【第8回】
 受講生の研究に関わる史料講読①
【第9回】
 受講生の研究に関わる史料講読②
【第10回】
 受講生の研究に関わる史料講読③
【第11回】
 受講生の研究報告①
【第12回】
 受講生の研究報告②
【第13回】
 受講生の研究報告③
【第14回】
 受講生の研究報告④
【第15回】
 まとめ