Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:  
歴史考古学特殊演習 萩原 三雄
選択  2単位
【日本史・文化財学専攻】 18-1-3083-1938-008

1. 授業の概要(ねらい)

 歴史考古学は文献史学や建築史、絵画史などの隣接諸学と幅広い学際研究を重ねている。そこで、それらの領域の中から研究史上重要な文献を選び、それを研究素材にして分析検討を行い、批判能力の醸成と新しい研究のあり方を追究する。

2.
授業の到達目標

 歴史考古学全般にわたる今後の研究の方向性を模索する。

3.
成績評価の方法および基準

 報告内容(50%)、授業に対する取組む姿勢(50%)

4.
教科書・参考書

 授業中指示する。

5.
準備学修の内容

 自らの研究テーマにかかわる文献や史資料に十分目を通しておくこと。

6.
その他履修上の注意事項

 関連諸学の文献に目配りし幅広い研究を進めてほしい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 ガイダンス
【第2回】
 関連論文に対する検討と討議
【第3回】
 関連論文に対する検討と討議
【第4回】
 関連論文に対する検討と討議
【第5回】
 関連論文に対する検討と討議
【第6回】
 関連論文に対する検討と討議
【第7回】
 関連論文に対する検討と討議
【第8回】
 関連論文に対する検討と討議
【第9回】
 関連論文に対する検討と討議
【第10回】
 関連論文に対する検討と討議
【第11回】
 関連論文に対する検討と討議
【第12回】
 関連論文に対する検討と討議
【第13回】
 関連論文に対する検討と討議
【第14回】
 関連論文に対する検討と討議
【第15回】
 研究報告に対する討議
【第16回】
 研究報告に対する討議
【第17回】
 研究報告に対する討議
【第18回】
 研究報告に対する討議
【第19回】
 研究報告に対する討議
【第20回】
 研究報告に対する討議
【第21回】
 研究報告に対する討議
【第22回】
 研究報告に対する討議
【第23回】
 研究報告に対する討議
【第24回】
 研究報告に対する討議
【第25回】
 研究報告に対する討議
【第26回】
 研究報告に対する討議
【第27回】
 研究報告に対する討議
【第28回】
 研究報告に対する討議
【第29回】
 研究報告に対する討議
【第30回】
 まとめ・講評