Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:JPH-101  
日本史概説 I 深谷 幸治
必修  2単位
【史】 18-1-1340-1602-020A

1. 授業の概要(ねらい)

 この日本史概説Ⅰという授業は、通常の講義形式で行われる。内容は新1年生が、高校までの学修によって既に得ている知識を基礎として、その上にさらに大学史学科での学修に必要な、基本的教養を修得するため、あるいはより詳細な歴史的知識・知見を積み重ねていくための情報提示である。基本的にはもちろん日本史全般に関する講義だが、考古学的な情報を必要とする時代の話から、政治・経済的な要素を持つ現代社会に至るまでの各時代を取り扱う。ただし半期で15回と授業回数は限られているため、網羅的に全ての事柄を解説している余裕はなく、時間ごとに講義テーマをある程度限定し、注目すべき人物や事象などを、最新の研究成果を取り込みつつ説明していくものとなる。
 前期には、縄文・弥生時代の社会から、古代・中世の諸事について述べていく。

2.
授業の到達目標

 新1年生が、この授業における新知識・知見によって、現代人的な既成概念にとらわれることなく、虚心で歴史に向かえる状態を作りだし、さらに大学での歴史学というものの、学問的な視点や方法論にも慣れてもらうようにすることを目標とする。さらにそれが次年度以降の、各学生の専攻分野における発展的学修の基礎となるようすることを目指す。

3.
成績評価の方法および基準

 出席は成績評価の前提となる必須条件である。それを満たした上で、前期授業の最期の時間に実施する試験の解答内容を勘案して、成績を評価する。

4.
教科書・参考書

 テキストは、木村茂光ら編『大学でまなぶ日本の歴史』(吉川弘文館)を使用する。

5.
準備学修の内容

 大学での授業は時間数が限定されるので、自分から進んで日本史関係各種書籍を、事前にあるいは授業と並行して読んでいくことが望ましい。その場合、最初から狭い範囲に自分のテーマや興味を限定してしまうのではなく、日本史やそれ以外の外国史・地理・考古・美術などに関する本も参考として、合わせて読んでいくべきと考える。

6.
その他履修上の注意事項

 授業には毎回出席し、自分の方法・判断で、板書以外の内容もどんどんノートに取っていくことが大切である。
 なお以下の授業内容はあくまで予定であり、状況によって変更されることもあるので承知しておいてもらいたい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 ガイダンス。この授業の進め方やテキストの紹介、また読んでおくべき日本史関係の書籍の紹介などを行う。
【第2回】
 先史・考古学的なテーマの講義。縄文・弥生時代の社会生活について。
【第3回】
 以下6回は古代のテーマに関する講義。古代1回目は邪馬台国について。
【第4回】
 古代2回目、日本神話とその民俗学的・神話学的分析。
【第5回】
 古代3回目、聖徳太子の伝承とその実情について。
【第6回】
 古代4回目、律令体制とはどのようなものか。
【第7回】
 古代5回目、宮と京。
【第8回】
 古代6回目、摂関政治とその背後にある武士の登場。
【第9回】
 以下6回は中世のテーマに関する講義。中世1回目は武士の地位拡大と鎌倉政権の様相。
【第10回】
 中世2回目、対モンゴル戦争について。
【第11回】
 中世3回目、南北朝内乱について。
【第12回】
 中世4回目、義満の時代。
【第13回】
 中世5回目、応仁・文明の乱。
【第14回】
 中世6回目、戦国大名について。
【第15回】
 前期のまとめと試験。