職業倫理と社会保障制度
TeachersMAEKAWA KazuhitoStaffInfo
Grade, SemesterYear 4 1st semest []
CategoryMajor Core Courses
Elective, CreditsRequisites 2credit
 Syllabus Number7B235
No localized syllabus found / Showing original

Course Description

社会保障制度や接骨院を開設する時の手続きの仕方、保険請求における注意事項等、健康保険の仕組みを正しく理解し、誤った施術(治療)や請求を行わないための授業です。柔道整復師としての自覚とモラルをもって施術(治療)に当たることを学んでもらいます。

Course Objectives

柔道整復師が柔道整復業を通じて、国民の信頼に応えていくためには、関係法令や通知等を厳守し、適正な業務遂行に努める必要があります。そのための基礎的知識を身につけることを目的とします。

Grading Policy

確認テスト及びレポートで総合的に評価します。レポートは与えられた課題について講義資料、ノート、検索資料内容に自分の意見を述べて提出してもらいます。

Textbook and Reference

KindTitleAuthorPublisher
Textbook社会保障制度と柔道整復師の職業倫理川渕孝一・長尾淳彦・前田和彦医歯薬出版株式会社
References

Requirements(Assignments)

柔道整復師になることの意義や、柔道整復業とは、いま一度授業を通して柔道整復師になろうとする自覚を強く持ってもらい、将来に夢を持って邁進するための授業です。実践的な授業ですので、接骨院見学実習の際に必要性が確認(実感)できます。

Note

Schedule

1オリエンテーション:授業の進め方・授業の目的
2社会保障制度
3医療保険制度
4療養費
5柔道整復師の療養費
6療養費の算定
7施術録(カルテ)表面の記載・整備事項
8施術録(カルテ)裏面の記載・整備事項
9柔道整復施術療養費支給申請書(レセプト)の記載と請求方法
10職業倫理
11各種届出事項
12ケース・スタディ
13ケース・スタディ
14まとめ・おさらい
15確認テスト