基礎工学実験
担当者中村 真一教員紹介
学年・開講期2年次 後期  [理工学部 機械・精密システム工学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位選必 2単位
科目ナンバー1J201

授業の概要(ねらい)

機械精密工学の基礎となる力学、熱学、光学、および電気回路に関する実験を行います。これらの中から10テーマを選出し、グループごとに毎回交代で実施していきます。実験終了後は、担当教員に終了チェックを受け、一週間後にレポートを提出します。レポートが合格点に達しない場合は再提出を求めます。レポートの合格をもって一回の実験が終了となります。
この授業ではDP2に関する知識を習得します。

授業の到達目標

本実験科目の到達目標は以下の2つです。
1)実験を行うことによって、講義では得られない物理現象を実体験し、より深く理解できることが第一の目標です。
2)将来の機械工学実験、卒業研究の基礎となる実験技術・データーの整理法・レポート作成法を習得できることが第二の目標です。

成績評価の方法および基準

実際の実験実施方法、データーの整理、レポートの作成法を学びます。成績は、レポート点で行います。遅刻は減点対象となり、20分以上の遅刻は原則として受講を認めません。毎回のレポートは最終的に合格することが求められます。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書基礎工学実験・物理学実験指導書
帝京大学理工学部物理教室帝京大学理工学部
参考文献

準備学修の内容

予備学修として1.5時間程度,物理学実験指導書(帝京大学理工学部)を事前に学修し,必要な知識を『基礎物理学』(原康夫著,学術図書出版社、ISBN978-4-7806-0660-7)等の教科書で理解しておいてください。
事後学修として,レポートを作成してもらいます。レポート作成には,1.5時間程度以上を要します。

その他履修上の注意事項

各人が関数電卓、実験ノート、A4版グラフ用紙(方眼、片対数、両対数)、A4版レポート用紙を用意して下さい。実験のスケジュール表、その他連絡事項は物理準備室前の掲示板に掲示します。
新しい実験用に、ホームページにファイルをアップロードする事があります。レポート作成用のヒントもホームページに置きます。
http://www.ase.teikyo-u.ac.jp/faculty/nakamura/

授業内容

授業内容
第1回ガイダンス
第2回実験実習 第1回目
第3回実験実習 第2回目
第4回実験実習 第3回目
第5回実験実習 第4回目
第6回実験実習 第5回目
第7回実験実習 第6回目
第8回実験実習 第7回目
第9回実験実習 第8回目
第10回実験実習 第9回目
第11回実験実習 第10回目
第12回補講実験
第13回レポート最終提出・採点
第14回実験予備日(1)
第15回実験予備日(2)