物理学2
担当者河村 政昭教員紹介
学年・開講期1年次 後期  [理工学部 航空宇宙工学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー2G207

授業の概要(ねらい)

物理学1で学んだニュートン力学に基づき、仕事とエネルギー、ポテンシャルエネルギーと運動エネルギー、運動量、剛体の回転運動等につき理解する事を目的とします。
この授業ではDP1に関する知識を修得します。

授業の到達目標

学生は、仕事とエネルギー、ポテンシャルエネルギーと運動エネルギー、運動量、剛体の回転運動等の基礎原理を理解し、また、理解した原理に基づき、教科書中の例題・問題を自力で解けるようになることを目標とします。

成績評価の方法および基準

2/3以上の出席、中間テスト1(50%)、期末テスト(50%)で評価します。
試験終了後に解答例を示すことでフィードバックを行います。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書科学者と技術者のための物理学 Ⅰa 力学・波動Reymond A. Serway著、松村博之訳学術図書出版 ISBN-13: 978-4873610740
教科書科学者と技術者のための物理学 Ⅰb 力学・波動Reymond A. Serway著、松村博之訳学術図書出版 ISBN-13: 978-4873610757
参考文献MIT物理 力学A.P.フレンチ著、橘高知義監訳培風館 ISBN-4: 563-02154-7

準備学修の内容

物理学1で学んだニュートン力学をよく復習しておいてください。苦手な場合は事前に教科書を読んで要点をノートにまとめて勉強しておいてください(1.5時間)。
授業終了後は、教科書の例題・演習問題・章末問題をノートに解答を書いて、復習するようにしてください。(1.5時間)。

その他履修上の注意事項

進捗状況により、講義内容を変更する場合があります。
実習のため、適宜科学技術用関数電卓を使います。毎回持参して下さい。

授業内容

授業内容
第1回仕事とエネルギー(1):一定の力がする仕事
第2回仕事とエネルギー(2):仕事と運動エネルギー、仕事率
第3回ポテンシャルエネルギーとエネルギー保存則(1):ポテンシャルエネルギー
第4回ポテンシャルエネルギーとエネルギー保存則(2):エネルギー保存則
第5回運動量と衝突(1):運動量と力積
第6回運動量と力積(2):二次元の衝突、質量中心
第7回運動量と力積(3):質点系の運動
第8回前半まとめ、中間テスト
第9回固定軸まわりの剛体の回転(1):等角速度回転運動
第10回固定軸まわりの剛体の回転(2):慣性モーメント、トルク
第11回固定軸まわりの剛体の回転(3):回転運動における仕事とエネルギー
第12回転がり運動、角運動量及びトルク(1):剛体の転がり運動、角運動量
第13回転がり運動、角運動量及びトルク(2):角運動量の保存
第14回静止平衡
第15回万有引力の法則:ニュートンの万有引力の法則