操縦学総合演習2
担当者今井 道夫教員紹介
学年・開講期2年次 前期  [理工学部 航空宇宙工学科]
科目の種類HPC
区分・単位選択 1単位
科目ナンバー2E211

授業の概要(ねらい)

空中操作、基本的な計器による飛行及び野外航法の実施要領等について学び、さらに操縦法の再確認及び改善点等を学びます。
自家用操縦士実地口述試験のための基礎的知識を学びます。この授業は主に実習形式で行います。
ディプロマポリシーDP2・4・5に関連する科目です。

授業の到達目標

操縦実習科目の内容を理解し、操縦実習がスムーズにできるように飛行前後のブリーフィングを受け、実習訓練の技量の修得向上ができる。
実地試験受験のための基礎的知識を修得できる。

成績評価の方法および基準

模擬問題の成績(80%)、取り組み姿勢(能動的に問題解決できるか否か)(20%)で評価します。
模擬問題の解答内容に応じて解答の解説をします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書操縦教本
ALP
教科書航法計画と飛行要領ALP
教科書航空法鳳文書林出版販売 ISBN978-4-89279-545-9
教科書AIM-j日本航空機操縦士協会 ISBN978-4-931160-02-6
教科書飛行規程
参考文献

準備学修の内容

予習として、事業用操縦士実地試験の科目の実施要領 及びその科目を行うために必要な詳細な知識について,ノートにまとめておくこと(1.5時間)。復習として、この授業と操縦実習を関連させて整理し、毎回ノートにまとめること(1.5時間)。

その他履修上の注意事項

授業は下妻ヘリポートで行います。

授業内容

授業内容
第1回空中操作、基本的計器による飛行実施要領
第2回飛行空域、飛行計画作成要領
第3回航法計画作成要領
第4回航法計画作成要領演練
第5回航法実施要領
第6回航法実施要領演練
第7回航法生地離着陸要領
第8回操縦法および改善点(ホバリング、場周飛行)
第9回操縦法および改善点(空中操作)
第10回操縦法および改善点(基本計器飛行、緊急操作)
第11回実地試験のための航空法(口述試験対策)
第12回実地試験のための空域と管制業務(口述試験対策)
第13回実地試験のための気象・航空情報(口述試験対策)
第14回実地試験のためのR22システム(口述試験対策)
第15回実地試験のための飛行規程(口述試験対策)