微生物学実験
担当者作田 庄平教員紹介
学年・開講期3年次 前期  [理工学部 バイオサイエンス学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位選必 2単位
科目ナンバー5E231

授業の概要(ねらい)

以下の内容を実験を行うことで学びます。
(1) DNAの連結と形質転換:プラスミドベクターの作製、lacZ DNAの連結、大腸菌の形質転換
(2) DNAの精製:プラスミドDNAの抽出と精製
(3) 制限地図の作成:制限酵素切断部位の同定、アガロースゲル電気泳動
(4) 環境中の微生物の培養・分離
(5) PCRによる細菌の分類
この実験では、学位授与の方針DP2、DP3に関する知識、技法、態度を修得します。

授業の到達目標

大腸菌プラスミドを用いたDNA組換え実験操作ならびに、細菌およびカビの培養・分離・分類法の基本技術を習得できます。

成績評価の方法および基準

試験は行いません。レポートの結果が60%以上を合格とします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書あらかじめ、実験テキストを配付します。
参考文献

準備学修の内容

白衣、名札、A4判レポート用紙、定規を各自で用意してください。

その他履修上の注意事項

授業内容

1回目 組換え体プラスミドDNAの作製と形質転換
 1.制限酵素によるプラスミドDNAの切断
 2.LacZ DNAの連結
 3.大腸菌の形質転換
2回目 アガロースゲル電気泳動によるDNA切断反応の検証
3回目 アルカリ法によるプラスミドDNAの抽出と精製
4回目 制限地図の作成
 1.制限酵素によるプラスミドDNAの切断
 2.アガロースゲル電気泳動による酵素切断部位の同定
5回目 細菌およびカビ用の培地調製
6回目 身の回りの環境より植菌
7回目 細菌の分離、カビの観察
8回目 PCRによる細菌の分類