骨損傷治療実習1
担当者刈屋 遵教員紹介
学年・開講期2年次 後期  [医療技術学部 柔道整復学科]
科目の種類専門分野
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー7C401

授業の概要(ねらい)

肩甲骨から手指の骨損傷について、各部の外傷性骨折損傷について実技を行います。
鑑別診断法、整復法、固定法、後療法について実技をします。
実技実習の中では、チーム医療を心がけ、他者との連携、意志の疎通を訓練し、実際の一連の骨折処置を学びます。
その際、患者への接し方、誘導、扱い方について医療人的対応を同時に習得します。
この授業でDP2および3に関する知識、技法を修得します。

授業の到達目標

上肢骨折各論の鑑別診断法、整復法、固定法、後療法について実技実習します。
班ごとにシュミレーションしながら技法を習熟し、ギブス、クラーメル固定の実際を体験し、その中でチームワークと患者への対応、医療コミュニケーションをとれるようになることを到達目標とします。

成績評価の方法および基準

中間実技試験10%、期末実技試験90%で評価を行います。
最後の授業で全体に対するフィードバックを行い、テストの解説を行います。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書『柔道整復学・理論編 改訂第5版』南江堂
『柔道整復学・実技編 改訂第2版』南江堂
参考文献

準備学修の内容

1.座席は担当教員が指定します。履修届けが終了次第しますので、それまでは自由に着席して頂いて結構です。
2.実技試験は授業期間中に行います。
4.計画に沿って授業を行いますが、状況により調整しながら進めます。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回オリエンテーションを行った後、基本包帯を行います。
第2回肩甲帯の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第3回肩甲帯の骨折(整復、固定)について学びます。
第4回上腕部の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第5回上腕部の骨折(整復、固定)について学びます。
第6回肘部の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第7回肘部の骨折(整復、固定)について学びます。
第8回中間実技試験を行った後、試験の解説を行います。
第9回前腕部の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第10回前腕部の骨折(整復、固定)
第11回手根部の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第12回手根部の骨折(整復、固定)について学びます。
第13回手指の骨折(評価、グループワーク)について学びます。
第14回手指の骨折(整復、固定)について学びます。
第15回期末実技試験を行った後、試験の解説を行います。