柔道整復学特論
担当者刈屋 遵教員紹介
学年・開講期1年次 前期  [柔道整復学専攻 博士前期課程(修士課程)]
科目の種類専門
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー

授業の概要(ねらい)

長らく継承されてきた柔道整復術が他の医療職と比べてどのような特徴を有するのか、すでに明らかにされている関連領域の科学的知識と比較検討します。このことを通して、これまでの治療技術の考察と新たな治療技術の発展性について論理的に考えられるようになることを目標とします。
柔道整復という医療職は世界の他の医療職と比較してどのような特徴を有し、柔道整復師が行う評価方法や治療方法は他国の治療法とどのような関係にあるのかを文献をもとに学修します。臨床現場における訴えとして極めて重要な「痛み」について基礎的な知見を学び、さらに海外文献をもとに最新の情報に触れ、議論を行います。

授業の到達目標

柔道整復学の特徴を他の医療職と比較して述べることができます。
柔道整復学に関する評価、治療法に関する文献(和文、英文)を事前に選定し、内容をまとめることができます。
痛みと病態の関連性を説明できます。
痛みの治療の基本原理とその理論を説明できます。

成績評価の方法および基準

授業での質疑応答(50%)およびレポート(50%)で評価します。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書必要に応じ資料を配布します。
英和辞書、医学英語辞書を毎回持参してください。
参考文献

準備学修の内容

特になし。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回柔道整復学の位置づけ
第2回世界の医療と柔道整復
第3回我が国における柔道整復術と医療
第4回骨折治療の概要
第5回柔道整復骨折療法
第6回関節損傷の概要
第7回柔道整復関節治療法
第8回軟部組織損傷の概要
第9回柔道整復軟部組織損傷学
第10回第1回~第10回までの議論とまとめ
第11回痛みの基礎
第12回痛みの病態メカニズム
第13回痛みに対する治療アプローチ
第14回痛み研究の最新知見
第15回第11回~第15回までの議論とまとめ