柔道整復学特別講義3
担当者庄司 智則教員紹介
学年・開講期4年次 前期  [医療技術学部 柔道整復学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位必修 1単位
科目ナンバー7B241

授業の概要(ねらい)

本授業は講義形式にて行われ、前半は「足関節と足部の運動」「体幹と脊柱の運動」「運動発達」「運動学習」についての講義、後半は運動学全範囲の演習問題と解説を行います。
とくに後半では、国家試験過去問題を中心とした演習問題に取り組み、国家試験問題出題傾向の把握および弱点の洗い出しを行います。さらに、応用問題にも取り組み、周辺知識の整理と幅広い知識の修得を目指し、国家試験に向け運動学の総括を行います。
この授業では主にディプロマポリシー1に関する知識の修得を目指します。

授業の到達目標

本授業の目標は、国家試験に対応できる能力を身に着けることです。
具体的には、以下の点を到達目標とします。
①運動の表し方・身体運動と力学について、正しく理解できる。
②運動器・神経の構造と機能について、正しく理解できる。
③反射運動と随意運動について、正しく理解できる。
④四肢と体幹の運動について、正しく理解できる。
⑤姿勢・歩行について、正しく理解できる。
⑥運動発達・運動学習について、正しく理解できる。
また、授業時の質問に対してグループディスカッションやペアワークを行うことにより、プレゼンテーション能力を身につけます。

成績評価の方法および基準

①授業内課題(15%)、②期末の筆記試験(85%)
①、②の合計点で60点以上を合格とします。
中間アンケートの結果をもとに、全体に対するフィードバックを行います。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書テキスト『運動学 改訂第3版』(社)全国柔道整復学校協会 監修 齊藤 宏 著 医歯薬出版 2013年
参考文献

準備学修の内容

内容が多岐にわたるため、必ず予習・復習を行ってください。
予め、各回の授業前には1.5時間程、次回授業予定の対応する教科書のページを読み、キーワードの意味を調べてください。また課題が出された場合は、必ず前以て問題を解いてから出席するようにしてください。
授業後には復習として1.5時間程、授業内容について教科書を見ずに解答できるように、繰り返し復習をしてください。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回オリエンテーション
第2回足関節と足部の運動(骨格、足部のアーチ)
第3回足関節と足部の運動(筋)
第4回体幹と脊柱の運動(骨格)
第5回体幹と脊柱の運動(筋)
第6回乳幼児期の運動発達
第7回運動学習
第8回運動の表し方・身体運動と力学についての復習と演習
第9回運動器・神経の構造と機能についての復習と演習
第10回反射運動と随意運動についての復習と演習
第11回上肢の運動についての復習と演習
第12回下肢および体幹の運動についての復習と演習
第13回姿勢・歩行についての復習と演習
第14回運動発達・運動学習についての復習と演習
第15回試験とまとめ
※上記の内容を中心に構成しますが、時間(時限)の配分は適宜調整しながら進めます。