地理情報分析学特論
担当者丹羽 孝仁教員紹介
学年・開講期1年次 後期  [地域経済政策学専攻 博士前期課程(修士課程)]
科目の種類専門
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー

授業の概要(ねらい)

昨今、GIS(地理情報システム)を通じた地域課題の発見、分析の重要度が高まっています。本講義では、地域をより深く理解するためのGISの有効性を学びます。行政情報や防災、環境など様々な分野で用いられているGISの事例や具体的な分析技術を紹介します。
この講義ではDP1、2に関連した知識、技法を習得します。
必要に応じて実習形式で行います。

授業の到達目標

① GIS(地理情報システム)の基礎を理解する。
② 受講者自身がGISの運用に求められる、情報収集、データ加工、空間分析の知識、技術を習得し、地域分析力を身につける。

成績評価の方法および基準

レポート(100%)により評価します。
LMS上で採点基準と採点結果をフィードバックします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書テキストは設けません。
資料を配付します。
参考資料を適宜紹介します。
参考文献

準備学修の内容

【予習】
予習は必要ありません。復習を十分に行うことが予習となります。
【復習】
配付した資料を基に講義内容を復習し,習熟してください。その際、自分なりに新たなデータを用いてみるのが良いでしょう。必要に応じて課題を課しますので、それに取り組みLMS上で提出してください(3時間程度)。

その他履修上の注意事項

LMSを活用します。
PCの所有を前提としています。(教室が空いていれば、教室のPCを用いることも可能です)。
また、GISに関わらずITに関連する情報や技術に対する関心を持って受講してください。

授業内容

授業内容
第1回イントロダクション:地域づくりに求められるGISの力
第2回GISの概要と基礎的理論
第3回主題図の目的と作成方法
第4回様々なGISの形態
第5回GISの現場1:行政におけるGIS
第6回GISの現場2:介護・福祉分野におけるGIS
第7回GISの現場3:防災分野におけるGIS
第8回データ加工1:統計資料へのアクセス
第9回データ加工2:統計資料の加工
第10回データ加工3:位置情報の取得
第11回空間分析1:バッファリングによる空間集計
第12回空間分析2:距離に基づいた空間解析
第13回空間分析3:ネットワーク分析
第14回空間分析4:地域解析
第15回まとめ