地方都市政策学特論
担当者荒井 良雄教員紹介
学年・開講期1年次 前期  [地域経済政策学専攻 博士前期課程(修士課程)]
科目の種類専門
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー

授業の概要(ねらい)

地方都市の振興にはさまざまな難しさがありますが、近年、注目されている地方都市振興の方向として、ものづくりと文化を結びつける「創造都市」と呼ばれる都市づくりの考え方があります。この授業では、「創造都市」に関する基本的な文献について討論することを通じて、地方都市の将来をどのように切り開くことができるかを考えます。この授業は、この授業は、DP1〜2に対応します。

授業の到達目標

学生は、基本的なテキストを丁寧に読解する能力を身につけるとともに、関連する地方都市に関する情報を自力で収集して、報告・討論する力を身につけます。

成績評価の方法および基準

この授業は演習方式をとり、参加者によってテキストを輪読し、さらに関連する文献、資料等について報告してもらいます。また、各回の授業の後半には報告内容を検討します。成績は、報告内容(60%)および議論への対応状況(40%)に基づいて評価します。参加者には、この討論を通じて、フィードバックされます。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書『創造都市への挑戦―産業と文化の息づく街へ 』佐々木雅幸岩波現代文庫,2012,ISBN: 978-4-0060-3242-5
教科書『創造都市への展望―都市の文化政策とまちづくり』学芸出版社、ISBN: 978-4-7615-3152-2佐々木雅幸・総合開発研究機構学芸出版社,2007,ISBN: 978-4-7615-3152-2
参考文献授業中に、適宜紹介します。

準備学修の内容

テキストとして用いる文献の事前読解および関連資料の収集、報告レジュメの準備、事後のレジュメ修正等のために、少なくとも3時間を必要とします。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回授業概要の解説、授業の進め方に関するガイダンス
第2回「世界都市」と地方都市
第3回佐々木雅幸(2012)「「創造都市」の登場とその系譜」の検討。報告レジュメの事前作成および授業後の修正が求められます。(以下、同様)
第4回佐々木雅幸(2012)「創造都市・ボローニャへの招待(職人企業論)」の検討
第5回佐々木雅幸(2012)「創造都市・ボローニャへの招待(文化・福祉行政と協同組合)」の検討
第6回佐々木雅幸(2012)「内発的創造都市をめざす金沢」の検討
第7回佐々木雅幸(2012)「創造都市への多様なアプローチ」の検討
第8回佐々木雅幸(2012)「産業と文化と「創造の場」を作る4つの現場から」の検討
第9回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「芸術の森とパシフィック・ミュージック・フェスティバル、モエレ沼公園」の検討
第10回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「盛岡ブランドによるまちづくり」の検討
第11回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「様な文化政策を実践する仙台のまちづくり」の検討
第12回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「クリエイティブシティ・ヨコハマの挑戦」の検討
第13回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「「文化」を生かした産業都市へ」の検討
第14回佐々木雅幸・総合開発研究機構(2007)「モデル都市アイランドシティでの試み」の検討
第15回総括討論