演習Ⅱ
担当者丹羽 孝仁教員紹介
学年・開講期2年次 後期  [経済学部 地域経済学科]
科目の種類演習系科目
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー8E202

授業の概要(ねらい)

この演習では、地方の衰退と地域の活性化を大きなテーマとします。人口が減少する中で、どのように地域が維持していけば良いのか、那須烏山市を事例として調査し、分析し、考察し、発表することを目標とします。
この演習はDP1、2、3に関わる総合力を身につけます。

授業の到達目標

① 地域の課題に関心を持てる。
② 地域の課題に関わる情報を収集し、分析ができる。
③ 地域の課題解決に向けたアイディアを持つ。
④ 自分の考えを言葉・文章で表現できる。
⑤ 他人の考えに共感できる。

成績評価の方法および基準

演習への参加状況・授業態度(60%)、発表やレポートの内容(40%)で評価します。
レポートは採点基準と採点結果をフィードバックします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書教科書は使用しません。
参考書は適宜紹介します。
参考文献

準備学修の内容

演習の事前、事後に作業を求めることがあります。他の学生と協力して取り組んで下さい。
【予習】
グループ学習は事前に小課題を課します。決められた回に報告できるよう準備をきちんとしてください(2時間程度)。
【復習】
小レポートに取り組み、提出してください(1時間程度)。

その他履修上の注意事項

学外において様々な地域や人と交流する機会もあります。普段のゼミから積極的に活動に関わってください。また、学外活動では旅費などの自己負担も発生します。
年度末に那須烏山市での発表会に参加する可能性があります。

授業内容

授業内容
第1回イントロダクション:地域を分析する視点
第2回量的調査の手法と分析方法の解説
第3回グループ学習1:分析テーマの設定
第4回統計データの所在を把握する:市町村のデータ
第5回那須烏山市でのフィールドワーク:中心市街地の調査
第6回市街地データの整形,加工
第7回グループ学習2:市街地の分析報告とディスカッション
第8回結果の整理と課題の考察
第9回那須烏山市でのフィールドワーク:事業者の調査
第10回事業者データの整形、加工
第11回グループ学習3:事業者の分析報告とディスカッション
第12回多変量解析の手法と解釈の解説
第13回グループ学習4:データの分析と解釈
第14回分析結果の最終発表とディスカッション
第15回まとめ