プログラミング2
担当者永田 智洋教員紹介
学年・開講期1年次 Ⅱ・Ⅳ  [理工学部 情報科学科(通信課程)]
科目の種類専門
クラスメディア授業
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー4E103

授業の概要(ねらい)

 この授業のねらいは、配列というデータ構造、リスト,テキストファイルの入出力,GUIプログラム、オブジェクト指向プログラミングの基本的な概念を理解して、基礎的なプログラムを作成できるようになることです。
 また、Processingによるプログラミング実習を通して実践的なプログラミング能力を身につけることも目標としています。
 学習内容は以下の通りです。

(1) クラスとオブジェクト
(2) 配列、2次元配列
(3) テキストファイルの入出力
(4) 文字列の操作
(5) コレクションクラスList
(6 )GUIライブラリを使ったプログラム
(7 )オブジェクト指向プログラミングの基本的な概念

 なお、本科目は学位授与の方針(ディプロマポリシー)DP2およびDP3に関連します。

授業の到達目標

本授業は、Processing言語を用いて以下の能力を身に付けることを目標とします。

・独自のクラスを定義し、これを用いたプログラムを作成することができる。
・配列とは何かを説明でき、配列を用いた基礎的なプログラムを作成できる。
・テキストファイルの入出力を行うプログラムを作成できる。
・ボタンやテキストフィールドなどの基本的なGUI部品を用いたプログラムが作成できる。
・オブジェクト指向プログラミングの基本的な概念(クラスの構造、クラスの継承)を理解し説明できる。

成績評価の方法および基準

 LMS上に用意されている指定された課題をすべて提出しかつ合格(1点以上得点)している必要があります。最終試験の結果で評価(課題25%、試験75%)します。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書 LMSに用意された教材コンテンツを利用します。また、PCにはProcessing 3.xをインストールして使用します。以下の教科書を使用します。
教科書Processingをはじめよう 第2版Casey Reas、Ben Fry著、船田 巧訳株式会社オライリー・ジャパン、2016、ISBN-13: 978-4873117737
参考文献

準備学修の内容

 事前学習としてビデオによる講義を受けてください。そのうえでLMS上で小テストを受け自身の理解状況を把握してください。これらの事前学習におおよそ1.5時間必要です。そのうえで演習課題に取り組んでください。課題に取り組んだ後の事後学習として、実用課題に取組んだり、作成したプログラムを独自に発展させたりして理解を深めてください。これらの事後学習におおよそ1.5時間必要です。

その他履修上の注意事項

 レポートの提出回数が多いため計画的に提出してください。前半の授業のレポートの締切日と後半授業のレポートとの締切日は別です。特に前半授業の締切日を忘れがちですので注意してください。
 なお、講義コンテンツの一部は通学制と共通です。通信課程独自の内容や補足事項などは各コンテンツの注釈を確認してください。

授業内容

授業内容
第1回プログラミング1の復習
第2回クラスとオブジェクト
第3回クラスを使ったプログラム
第4回配列
第5回テキストファイルの入出力
第6回文字列の操作
第7回2次元配列
第8回総合演習1
第9回コレクションクラス List
第10回GUIライブラリを使ったプログラム
第11回動きのあるプログラム
第12回総合演習2
第13回オブジェクト指向プログラミング
第14回継承
第15回総合演習3