情報メディアプログラミング2
担当者永田 智洋教員紹介
学年・開講期2年次 後期  [理工学部 情報電子工学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位選必 2単位
科目ナンバー3D212

授業の概要(ねらい)

情報メディアプログラミング1に引き続き、HTML+CSS+JavaScriptによるWebページの作成手法について学びます。情報メディアプログラミング2では、DOM、Ajax、jQuery等を使い、実用的なWebページ作成のためのJavaScriptプログラミングについての知識を修得し、プログラムが作成できるようになることを目指します。
本講義は、ディプロマポリシーのDP4Mに関連します。

授業の到達目標

(1)DOMを利用したJavaScriptプログラムが作れる
(2)Ajaxを利用したJavaScriptプログラムが作れる
(3)jQueryを利用したJavaScriptプログラムが作れる

成績評価の方法および基準

期末試験(50%)および毎回出題される課題(50%)により評価します。
全体の60%を取得した者を合格とします。
なお、合格にはすべての課題を提出し、それぞれの課題について合格点を取る必要があります。
試験はLMSに正解例を掲示します。
提出された課題は個別にLMSより講評を返します。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書スラスラわかるJavaScript生形可奈子翔泳社
参考文献

準備学修の内容

LMSに掲載されている授業コンテンツを読み、「要点のノート」を作成してから授業に臨んでください。
要点のノートは授業中に提出してもらいます。
また授業の初めに前の授業の復習問題を解いてもらいますので、課題を提出し、内容を復習しておいてください。
これには1時間以上の学習時間が必要です。

その他履修上の注意事項

情報メディアプログラミング1を履修していることが望ましい。
プログラミング言語の修得のためには、たくさんの試行錯誤が必要となります。
タイピングの速度を向上したり、ショートカットキーを使いこなして、プログラムの入力と実行を繰り返してください。
教科書や講義資料にあるプログラムの例は必ず入力・実行して動作確認をしてください。

授業内容

授業内容
第1回DOM(1): DOMによるHTML要素へのアクセス
第2回DOM(2): JavaScriptによるCSSの参照と変更
第3回DOM(3): W3C DOMのイベントモデルと各種Eventオブジェクト
第4回Ajax(1): Ajaxの基礎知識
第5回Ajax(2): レスポンスのデータフォーマット
第6回Ajax(3): Ajaxを利用した応用プログラミング
第7回総合練習:DOM・Ajaxを利用したJavaScriptプログラミング
第8回jQuery(1): jQueryとは、jQueryで使用可能なセレクタ
第9回jQuery(2): jQueryによるDOM操作
第10回jQuery(3): jQueryによるイベント処理
第11回jQueryを用いた応用課題(1): 実践的なWebページのレイアウト制作
第12回jQueryを用いた応用課題(2): Webページ内の動的な部品の作成
第13回総合制作課題(1): Webページ制作の設計と実装
第14回総合制作課題(2): Webページ制作の実装と振り返り
第15回まとめと復習