演習Ⅲ
担当者大平 佳男教員紹介
学年・開講期3年次 前期  [経済学部 地域経済学科]
科目の種類専門 基礎系
区分・単位必修 1単位
科目ナンバー8B301

授業の概要(ねらい)

この授業では、グループ活動として環境問題の中から研究テーマを決め、そのテーマに関する調査研究を行います。研究テーマに関連した文献・資料の報告などを通じて現実の環境問題の課題を理解し、同時にその解決策の事例を学びます。さらにフィールドワークに向けた準備を行います。
この授業ではDP1、2、3に関する知識、技能、態度を修得します。

授業の到達目標

環境問題の経済学的な研究を通じて、問題の解決策を探ることが目的になります。さらに提案した解決策がどのような意味を持つのか、どのような影響があるのかを併せて考慮し、その上で自ら考えた解決策を説明できるようになることが到達目標です。

成績評価の方法および基準

授業への取組み(積極的な参加、意見発表)50%、研究報告の発表50%
フィードバックは発表の際に随時コメントします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考文献

準備学修の内容

予習として、調査報告や中間報告などの発表の時は3時間程度、普段は発表の準備に向けて1~2時間程度の時間が必要になります。また、発表の振り返りなどの復習に1時間程度の時間が必要になります。

その他履修上の注意事項

毎回休まず出席して下さい。やむなく欠席・遅刻・早退する場合は、事前に理由とともに連絡して下さい。

授業内容

授業内容
第1回ガイダンス
第2回自己紹介と研究テーマに関するプレゼン(1)
第3回自己紹介と研究テーマに関するプレゼン(2)
第4回研究テーマの決定と研究計画の立案
第5回研究・分析手法に関する講義
第6回研究テーマに関する文献・資料調査報告(1)
第7回研究テーマに関する文献・資料調査報告(2)
第8回研究テーマに関する文献・資料調査報告(3)
第9回研究テーマに関する文献・資料調査報告(4)
第10回研究テーマに関するディベート
第11回分析手法の検討
第12回研究アプローチによる環境問題への効果・影響に関する討論
第13回フィールドワークに向けた研究の中間報告(1)
第14回フィールドワークに向けた研究の中間報告(2)
第15回まとめ