経済学1
担当者大平 佳男教員紹介
学年・開講期1年次 前期  [総合基礎科目]
科目の種類総合基礎
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー0K101

授業の概要(ねらい)

この授業は経済学の基礎的な考え方を学習します。経済学となると難しい印象を持っているかもしれませんが、経済活動は普段から身近なところで行われています。経済学を通じて、経済活動がどのように行われているのかを理解します。経済学1では、身近な経済活動として、消費者や生産者を扱うミクロ経済学を学習します。
この授業は、総合基礎科目の学修目標3に関連します。

授業の到達目標

この授業を通じて、経済学の考え方を身につけ、社会の中で経済がどのようになっているのかを知ることが目標になります。具体的には消費者や生産者の経済活動の目的や内容を知り、その経済活動によって経済がどのようになっているのかを説明できるようになることが到達目標です。

成績評価の方法および基準

定期試験60%、授業への取組み40%を目安に評価します。フィードバックとして、試験後に模範解答や正答基準などについて解説します。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書経済学入門米本清・宇都宮仁みらい(ISBN:978-4-86015-456-1)
参考文献

準備学修の内容

予習として、授業内容で挙げている各回のテーマについて、どのようなものなのかを調べて下さい。毎回授業内容を復習し、わからない点は質問に来たり教科書で確認したりして下さい(合わせて2時間程度)。

その他履修上の注意事項

毎回休まず出席して下さい。

授業内容

授業内容
第1回ガイダンス
第2回ミクロ経済学の考え方
第3回経済主体と経済活動
第4回需要と供給
第5回市場競争
第6回消費者行動①需要曲線
第7回消費者行動②効用
第8回生産者行動①費用
第9回生産者行動②生産
第10回市場均衡と経済厚生
第11回市場の失敗①不完全競争
第12回市場の失敗②外部性
第13回市場の失敗③情報の非対称性
第14回市場の失敗④公共財
第15回まとめ・テスト