臨床柔道整復演習1
担当者櫻井 庄二教員紹介
学年・開講期4年次 後期  [医療技術学部 柔道整復学科]
科目の種類専門分野
区分・単位必修 1単位
科目ナンバー7C412

授業の概要(ねらい)

この授業は、既に履修した公衆衛生学、一般臨床医学に関して国家試験の出題基準に該当する内容を再確認することで柔道整復師に必要な知識の臨床応用力を身につけることを目標とした授業を行います。また、演習問題に関する知識の発展性を高めるために、提示されたキーワードの関連知識をペアワークにより口述することで、より深い知識を身につけます。この授業ではDP1、DP2に関する知識、技能を習得します。

授業の到達目標

柔道整復師国家試験科目である公衆衛生学、一般臨床医学の重要項目の再確認を行い、演習問題を通しおて国家試験レベルの問題を的確に理解し正解を導くことができ、また、問題から発展した知識を身に着けているか、知識の応用力を高めることを目的とします。

成績評価の方法および基準

中間試験、期末試験の2回の筆記試験の結果により評価します。試験後に問題の解答・解説を行い、特に正解率の低い問題を中心にフィードバックを行います。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書衛生学・公衆衛生学全国柔道整復学校協会南江堂
教科書一般臨床医学全国柔道整復学校協会南江堂
参考文献

準備学修の内容

授業内容に沿って予習して下さい。既に履修した内容ですので要点をまとめ演習問題に備えて下さい。授業内で行った演習問題で不正解となった内容を教科書で復習して知識を確実なものにします。

その他履修上の注意事項

資料をLMSにアップ又は授業時に適宜配布します。

授業内容

授業内容
第1回公衆衛生学①:衛生学ならびに公衆衛生学の意義
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第2回公衆衛生学②:公衆衛生
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第3回公衆衛生学③:感染症
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第4回公衆衛生学④:消毒
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第5回公衆衛生学⑤:環境衛生
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第6回中間試験:①~⑤の範囲から出題
試験後に個々の問題の正答率から間違えやすい問題の解説をしてフィードバックします。
第7回一般臨床医学①:診察各論(視診、打診)
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第8回一般臨床医学②:診察各論(聴診、触診)
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第9回一般臨床医学③:診察各論(生命徴候)
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第10回一般臨床医学④:診察各論(感覚検査、反射検査)
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第11回一般臨床医学⑤:消化器疾患、呼吸器疾患
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第12回一般臨床医学⑥:循環器疾患、血液疾患
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第13回一般臨床医学⑦:内分泌・代謝疾患、膠原病
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第14回一般臨床医学⑧:腎・尿路疾患、神経系疾患、その他の疾患
予習:授業内容に沿った演習問題を解けるよう準備します。
復習:演習で間違えた問題を再確認して正解を的確に導き出せるよう復習します。
第15回期末試験:全ての範囲から出題
試験後に個々の問題の正答率から間違えやすい問題の解説をしてフィードバックします。