応用柔道整復学3
TeachersNIRENGI TAKUMIStaffInfo
Grade, SemesterYear 4 1st semest []
CategorySpecial Core Courses
Elective, CreditsRequisites 1credit
 Syllabus Number7C320
No localized syllabus found / Showing original

Course Description

この授業では、主に衛生学・公衆衛生学の内容を中心に復習します。
柔道整復師として、地域の医療に従事する上で基盤となる公衆衛生の理念、考え方、活動方法について学びます。
また、衛生学・公衆衛生学は国家試験の出題科目にもなるので、国家試験の過去問題を使用しながら授業を実施していきます。
理解度を確認するために、授業内で確認テストを実施します。問題の解説や授業中の質問に対してのグループディスカッションか行いながら授業を進めていきます。
この授業では、DP1,DP2に関する知識を習得します。

Course Objectives

公衆衛生の基本理念や、活動内容を理解する。
健康問題やその関連要因について理解する。
衛生学・公衆衛生学の国家試験問題への対応力を身に付ける。

Grading Policy

期末試験(100%)
60%以上で単位を認定します。
2/3以上の出席がない学生は期末試験の受験資格が与えられません。
定期試験実施後、テストの解説を行います。
小テストは授業毎に解説を行います。

Textbook and Reference

KindTitleAuthorPublisher
Textbook衛生学・公衆衛生学改訂第6版南江堂
References

Requirements(Assignments)

既に学習している範囲になりますので、予習を行い講義に臨んでください。
復習は講義中に前回講義についての小テストを実施しますので、必ず次の講義までに講義内容の確認を行ってください。

Note

シラバスの計画に沿って講義を実施しますが、状況により調整しながら実施します。

Schedule

1オリエンテーション(過去国家試験の出題傾向・学習方法)
2確認テストと要点の解説
・衛生学、公衆衛生学の歴史と公衆衛生活動
・健康の概念
3確認テストと要点の解説
・疾病予防と健康管理
4確認テストと要点の解説
・感染症の予防
5確認テストと要点の解説
・消毒
6確認テストと要点の解説
・環境衛生(環境保護)
7確認テストと要点の解説
・生活環境、食品衛生活動
8確認テストと要点の解説
・母子健康
・学校保健
9確認テストと要点の解説
・産業保健
10確認テストと要点の解説
・成人、高齢者保健
・精神保健
11確認テストと要点の解説
・地域保健と国際保健
12確認テストと要点の解説
・衛生行政と保健医療の制度
13確認テストと要点の解説
・医療の倫理と安全の確保
14確認テストと要点の解説
・疫学
15期末試験とまとめ(試験のフィードバック)
試験と、試験のフィードバック、これまでのまとめについて講義を実施します。