スポーツ健康科学
担当者藤井 宏明教員紹介
学年・開講期1年次 後期  [総合基礎科目]
科目の種類総合基礎
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー0C211

授業の概要(ねらい)

本講義では、現代社会における健康諸問題を取り上げ、スポーツが健康維持・増進に果たす役割について考えます。さらに、スポーツがこどもや女性の健康維持・増進、中高年の介護予防に及ぼす効果について理解を深めていきます。この授業は、毎回配布する資料をもとに講義形式で行いますが、授業内で取り上げた課題に対してPBL(課題解決型学習)を行うこともあります。この授業は、総合基礎の学修目標3、5に関連しています。

授業の到達目標

学生生活さらには生涯にわたってより健康で充実させた生活を過ごすために、
①健康の維持・増進のために必要な基礎的知識を身につけることができる。
②学習した基礎的知識を用いて、健康運動を自ら実践することができるようになる。

成績評価の方法および基準

受講参加態度(20%)、テスト(80%)
テスト採点後に解答例・解説をLMSにアップします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書必要に応じて資料を配布します
参考文献これからの健康とスポーツの科学安倍孝・琉子友男 講談社(ISBN978-4-06-280662-6)
参考文献健康・スポーツ科学講義出村慎一杏林書店(ISBN978-4-7644-1125-8)

準備学修の内容

・予習として指示された専門用語について調べ、理解した上で授業にのぞむこと(1時間程度)。
・授業の際に作成したノート・配布資料をよく復習し、理解した上で次の授業にのぞむこと(1時間程度)。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回ガイダンス
第2回スポーツ科学の世界について学ぶ
第3回トップアスリートの世界について学ぶ
第4回簡単な動作分析を体験する -動画やアプリを用いた動作分析-
第5回現代人の健康的課題について学ぶ
第6回生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症)と運動との関連性について学ぶ
第7回肥満・メタボリックシンドロームと運動との関連性について学ぶ
第8回喫煙、飲酒と運動との関連性について学ぶ
第9回スポーツと栄養①(生活習慣調査とエネルギーバランスの算出)
第10回スポーツと栄養②(五大栄養素、栄養バランス)
第11回運動処方と健康① –運動プログラミングの立て方–
第12回運動処方と健康② –運動のプログラミングの実際(有酸素運動)–
第13回運動処方と健康③ –運動のプログラミングの実際運動(無酸素運動)–
第14回中高年者とスポーツ -中高年者の体力とその評価-
第15回テスト、まとめ