事業用操縦実習1
担当者今井 道夫教員紹介
学年・開講期3年次 前期  [理工学部 航空宇宙工学科]
科目の種類HPC
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー2E321

授業の概要(ねらい)

自家用操縦実習で修得した技能をもとに、事業用操縦士の国家試験における実地試験科目を主体に、空中操作、基本的な計器による飛行、離着陸、オートローテーション及び野外飛行の科目を訓練し、各科目の概要を修得します。
この科目は、ディプロマポリシーDP2・4・5に関連する科目です。

授業の到達目標

空中操作、基本的な計器による飛行、各種離着陸、オートローテーション及び野外飛行を訓練し、事業用操縦士の国家試験における実地試験に対応した基本的事項を修得できる。

成績評価の方法および基準

評価基準に基づき審査を実施します。取り組む姿勢(飛行準備の周到性、飛行訓練への積極性、意欲)を併せて考慮します。
飛行訓練終了後、デブリーフィングを実施してフィードバックします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書操縦教本
ALP
教科書航法計画と飛行要領
ALP
参考文献教材:チャート、プロッター、フライトコンピューター等

準備学修の内容

訓練内容を振り返り整理してノートにまとめ、次回修正できるよう目標を明確にして下さい。
訓練終了時次回の訓練内容をお知らせします。
テキストの『操縦教本』を熟読し、新たに訓練する事業用科目について、その操作要領について研究して下さい。
予備学習として1.5時間程、訓練前に飛行内容を明確にし、重点注意事項を決めてそれがどうしたら実行できるかを研究して要点をノートにまとめるとともに、イメージトレーニングすること。
復習として1.5時間程、訓練内容を振り返り、良くなかった点、教官の指摘事項について、どのように解決すれば良いかを考え、関連する内容を研究しノートにまとめること。

その他履修上の注意事項

自家用操縦実習1,2,3を修得していること。

授業内容

授業内容
第1回オリエンテーション(OIR)
  新たに始まる事業用科目を体験的に経験します。・・・・・1回のうち1回目
第2回空中操作、基本的計器による飛行(AW-1、BIF-1)
  実地試験実施細則による事業用空中操作及び基本的に計器による飛行を主体に操作要領を習得します。
  AW-1、BIF-1・・・・・4回のうち1回目
第3回空中操作、基本的計器による飛行
  AW-1、BIF-1・・・・・4回のうち2回目
第4回空中操作、基本的計器による飛行
  AW-1、BIF-1・・・・・4回のうち3回目
第5回離着陸及びオートローテーション(TGL-1、AUTO-1)
  実地試験実施細則による事業用としての各種離着陸及びオートローテーションを習得します。
  TGL -1・・・・・4回のうち1回目
  AUTO-1・・・・・5回のうち1回目
第6回離着陸及びオートローテーション
  TGL -1・・・・・4回のうち2回目
  AUTO-1・・・・・5回のうち2回目
第7回離着陸及びオートローテーション
  TGL -1・・・・・4回のうち3回目
  AUTO-1・・・・・5回のうち3回目
第8回離着陸及びオートローテーション
  TGL -1・・・・・4回のうち4回目
  AUTO-1・・・・・5回のうち4回目
第9回野外飛行(NAV-1)
  事業用操縦士としての飛行要領及び飛行間の航法作業を習得します。(飛行訓練コースは事前指示)
  NAV -1・・・・・4回のうち1回目
第10回野外飛行
  NAV -1・・・・・4回のうち2回目
第11回野外飛行
  NAV -1・・・・・4回のうち3回目
第12回野外飛行
  NAV -1・・・・・4回のうち4回目
第13回空中操作、基本的計器による飛行、オートローテーション
  AW-1、BIF-1・・・・・4回のうち4回目
  AUTO-1・・・・・5回のうち5回目
第14回機長審査:機長としての判断及び操作ができるか審査します。
  C’K-1・・・・・2回のうち1回目
第15回機長審査
  C’K-1・・・・・2回のうち2回目