コンピュータグラフィックス
担当者佐々木 茂教員紹介
学年・開講期3年次 前期  [理工学部 情報電子工学科]
科目の種類専門
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー3D329

授業の概要(ねらい)

コンピュータグラフィックス(CG)を取り巻く基礎的な理論について理解するために、まずCGと画像処理を統合的に扱うビジュアル情報処理の概念を学び、その後CGの作成および利用に関する知識、3次元CGの定義と基礎的な技法、3次元CG作成におけるモデリング、レンダリングの意味と具体的な手法(モデルの数値表現法、投影法およびレンダリング法)について学びます。また、CGと密接な関係のある画像処理技術についても概観します。さらに、簡単なCGのモデリングおよびレンダリング、画像処理について、ソフトウェアを使った演習も行います。
この科目は、DP4CとDP4Mに関連します。

授業の到達目標

(1)CGにおける基礎技術を説明できる。
(2)様々なモデリング技術について説明できる。
(3)様々なレンダリング技術につて説明できる。
(4)コンピュータアニメーションの構成および技術を修得する。
(5)ディジタル画像の生成と加工に関わる技術を修得する。
(6)CGシステムの構成および技術を修得する。

成績評価の方法および基準

定期試験の成績(90%)、課題レポート(10%)で評価します。
定期試験は基礎試験に合格すると90点満点中60点を付与し、30点満点の応用試験の得点と合わせて評価します。
試験はLMSに正解例を提示します。
LMSに提出された課題レポートに対して評価を返します。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書教科書:『ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門 -[ 改訂新版 ]』、公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS)、2017

※授業中にプリントを配布します。
※教科書、プリントの他にLMSにも教材を掲載します。
参考文献

準備学修の内容

予習として、教科書とプリントを読んで「要点のノート」の空欄を埋めておいてください。要点のノートは授業中に教員にチェックしてもらいます。すべての空欄が埋まっていない場合は、後日すべて空白を埋めてから教員にチェックしてもらいます。また復習として課題に取り組みレポートを提出してください。
これには1時間以上の学習時間が必要です。

その他履修上の注意事項

この科目はJabeeプログラムの必修科目で、学習・教育到達目標中項目5-1に対応しています。

授業内容

授業内容
第1回CGとディジタルカメラモデル
第2回座標系
第3回座標変換
第4回モデリング(1) 形状モデル、曲線・曲面
第5回モデリング(2) ポリゴン曲面
第6回モデリング(3) その他の形状表現
第7回レンダリング(1) 写実的表現法
第8回レンダリング(2) 影付け・マッピング
第9回レンダリング(3) 高度なレンダリング技法
第10回アニメーション(1) CGアニメーションの構成
第11回アニメーション(2) 手続き型アニメーション、キャラクタアニメーション
第12回アニメーション(3) 物理ベースアニメーション
第13回ディジタル画像の生成と加工
第14回CGシステム
第15回まとめと試験