スポーツ医学概論
担当者庄司 智則教員紹介
学年・開講期1年次 後期  [医療技術学部 柔道整復学科]
科目の種類専門基礎
区分・単位選択 2単位
科目ナンバー7B211

授業の概要(ねらい)

本授業は講義形式にて行われ、「スポーツ医学とは」の大きな枠組みから始まり、各項目についても総論的な話を中心に進めていきますが、アスレティックトレーナーとしての現場での活動や大会への帯同など具体的な話も適宜入れ、現場を意識できる内容となります。
この授業では主にディプロマポリシー1に関する知識の修得およびスポーツに携わる人間としての倫理観の涵養をめざします。
本科目は、実務経験のある教員による授業です。担当教員は整形外科において業務に携わっており、授業では、接骨院での実例や実体験、課題などを題材とした講義、実習を行います。

授業の到達目標

スポーツ現場に携わる人間として、最低限知っておかなければならないスポーツ医科学の知識を習得します。
具体的には、以下の点を到達目標とします。
①スポーツ医学の概念および発展について正しい知識を有している。
②アンチドーピングを含めたアスリートに対する健康管理について正しい知識を有している。
③スポーツ現場における救急処置について正しい知識を有している。
④スポーツに伴う運動器疾患、内科的問題について正しい知識を有している。
また、授業時の質問に対してグループディスカッションやペアワークを行うことにより、プレゼンテーション能力を身につけます。

成績評価の方法および基準

①授業内課題(30%)、②期末の筆記試験(70%)
①、②の合計点で60点以上を合格とします。
中間アンケートの結果をもとに、全体に対するフィードバックを行います。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書必要に応じてプリントを配布します。
(参考図書)
財団法人日本スポーツ協会・公認スポーツ指導者養成テキスト:共通科目Ⅰ
財団法人日本スポーツ協会・公認スポーツ指導者養成テキスト:共通科目Ⅲ
参考文献

準備学修の内容

内容が多岐にわたるため、予習・復習を行ってください。
予め、各回の授業前には1.5時間程、次回授業予定の配布資料を読み、キーワードの意味を調べてください。
授業後には復習として1.5時間程、授業内容について資料を見ずに、自分の言葉で説明できるようにしてください。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回オリエンテーション,スポーツ医学とは
第2回スポーツと健康
第3回救急処置
第4回アスリートの健康管理
第5回アスリートの内科的障害と対策
第6回アスリートの外傷・障害と対策1(総論,脊柱)
第7回アスリートの外傷・障害と対策2(上肢)
第8回アスリートの外傷・障害と対策3(下肢)
第9回アスレティックリハビリテーションとトレーニング計画
第10回コンディショニングの手法1(ストレッチ,テーピング)
第11回コンディショニングの手法2(アイシング,マッサージなど)
第12回スポーツによる精神障害と対策
第13回特殊環境下での対応
第14回アンチドーピング
第15回試験とまとめ
※上記の内容を中心に構成しますが、時間(時限)の配分は適宜調整しながら進めます。