関節損傷治療実習1
担当者北澤 正人教員紹介
学年・開講期2年次 後期  [医療技術学部 柔道整復学科]
科目の種類専門分野
区分・単位必修 2単位
科目ナンバー7C402

授業の概要(ねらい)

1年次・2年次に学んだ上肢の脱臼理論を基礎として肩鎖関節脱臼・肩関節脱臼・肘関節脱臼・肘内障・PIP関節脱臼・第1指MP関節脱臼の整復法・固定法について、実技により柔道整復学に基づいた基本的治療を実践します。

授業の到達目標

上肢の脱臼に対する複数の整復法、固定法がある為各々の方法の特徴を知り適切に選択し実施できることを目標とします。グループワーク等も実施します。

成績評価の方法および基準

各部位ごとの試験により評価する。加えて正当な理由の無い欠席も評価の対象とします。テスト結果に対して解説を行いフィードバックします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書『柔道整復学 実技編』全国柔道整復学校協会・教科書委員会編(南江堂)
『柔道整復学 理論編』全国柔道整復学校協会・教科書委員会編(南江堂)
必要に応じてプリントを適宜配布します。
参考文献

準備学修の内容

肩関節の触診等の関係から男子は素肌でもいいですが、女子は素肌に近いインナーを準備できれば理解しやすいです。
柔道整復師の徒手整復技術及び固定技術をしっかり習得してもらいたい。

その他履修上の注意事項

授業内容

授業内容
第1回オリエンテーション
第2回肩鎖関節上方脱臼治療の概要と整復・固定の基本
第3回肩鎖関節上方脱臼の基本的整復法・固定法・治療法
第4回肩関節前方脱臼の基本的整復法
第5回肩関節前方脱臼の各種固定法
第6回肩鎖関節、肩関節脱臼の実技試験
第7回肘関節後方脱臼の基本的整復法
第8回肘関節後方脱臼の基本的固定法
第9回小児肘内障の臨床症状及び整復法
第10回肘関節後方脱臼、肘内障の実技試験
第11回PIP関節背側脱臼基本的整復法・固定法
第12回第1中手指節関節脱臼治療の概要と基本的整復法
第13回第1中手指節関節脱臼の整復と固定法
第14回PIP関節背側脱臼、第1中手指節関節脱臼の実技試験
第15回関節損傷治療実習1の総まとめ